エイジングケア化粧品でほうれい線・たるみ・しわ対策

Just another WordPress site

「VDT症候群」と言う病気をご存知ですか。

Published on 2014年3月12日

VDT症候群の、VDT と言うのはコンピュータのディスプレイなど表示機器を総称して呼ばれます。この、VDT を使用した作業を長時間続けたことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことが「VDT症候群」です。
毎日毎日パソコンに向かっていれば気づかないうちに発症することもあります。
主な症状としては、
・視界がぼやけてくる
・涙が出ない
・ドライアイ
・目の充血
・首や肩、背中のこり
・足や腰が痛い
などの目に留まらず体にも症状として現れることがあります。

中には頭痛やめまい、食欲不振を訴える方もいます。
VDT症候群を予防するためには、目を酷使することを避けることが一番です。まずは目にとって優しい環境づくりをしましょう。
そこで目の乾きやドライアイになるのを軽減出来るように《下を向くような視線でモニターを見ることができるように角度を調整しましょう》

モニターから出てくる光の強さ(輝度)、外側からの光の強(照度)を調節しましょう。》
「目安」輝度…『文字がメインの作業』…100~150カンデラくらい、『写真や動画加工』…少し明るめの200~300カンデラ
《姿勢に注意しましょう》
前屈みになったり、猫背になったりしないようにし足の裏全体が、床に接するような姿勢を心がけましょう。


《適宜休憩をはさみ、疲れを解消しながら作業をしましょう》

参考・・・VDT症候群の症状

Filed under: 未分類

コメントを残す