エイジングケア化粧品でほうれい線・たるみ・しわ対策

Just another WordPress site

You are browsing the archive for 7月2015

ホクロ除去の術後

2015年7月24日

レーザー治療にてホクロ除去をした場合、術後すぐに傷跡が消えたり、劇的な変化はありませんが、
日に日に痕は薄くなっていきます。個人差もありますが、半年ごよりも1年後のほうが、きれいになっ
ています。中には、ホクロが再発してしまうかたも、少なからずいますが、多くの人が、きれいに仕上
がっていきます。個人の自然治癒力が高ければ高いほど、傷も目立たなくなると思います。そのこと
を踏まえると、何年後にホクロをとるのではなくて、やりたいと思ったときに、できるだけ若いうちに
施術しておいたほうが、傷の治りも早いと思います。子供のころに転んでできた傷が今は跡形もなく
なっているように、自然治癒力というのは、若い方が早いです。膨らんだ大きなホクロを除去すれば
、術後は多少皮膚が陥没しますが、1年も経ってしまえば、ほんとにここにあのホクロがあったの・・?
と思うぐらいきれいに仕上がります。ホクロ除去を行った方で、傷痕がほとんど気にならなくなると、
次は、いままでそこまで気にならなかった、ニキビ痕や、シミなどが気になってくる方も多いようで
す^^;シミも、ホクロ除去と同じ、レーザー治療になりますが、レーザーの種類が違います。ホクロ除去で使用するレーザーは、炭酸ガスレーザーというものになります。シミの除去にあったレーザーを
使うことになりますが、以外にシミの治療の方がなかなか取れないという現状もあるようです。

コメントはまだありません

保険適用とホクロ除去

2015年7月10日

私は、あまりホクロができている方ではありませんが、あるとないとでは、絶対にないほうがいいも
のですし、ホクロ除去に興味はあります。人と自分を比べては劣等感を抱きやすく、何かとコンプレッ
クスを持ちやすい性格なので、もし顔に目立つほくろがあったた、絶対にホクロ除去していると思い
ます。ホクロばかりは、どんなに良いお化粧を使ったとしても、隠し切れませんし、ホクロというのは、
人の印象を大きく左右する存在です。ホクロがあっても明るい印象にはなりません。口の近くなど、チ
ャームポイントとなるホクロもありますが、それは、比較的小さいほくろでワンポイントに限ります。何
個も顔にあっては、決していい印象にはならないでしょう。最近ではホクロ除去というのは、シミ取り
などと一緒で、比較的簡単な手術でとることができるのと、高額な費用がかかる手術ではないので
、で、気になる方は美容整形でとる方も多いのです。しかし、手術をするといっても、美容目的でホク
ロをとる場合は、病気ではないので保険の適用にはなりません。ホクロ除去にかかるすべての金額を
実費負担することになります。大まかな金額の目安は、直径5ミリまでのホクロ除去なら5,000円か
ら10,000円ほどになります。金額は手術を受ける病院によって差があります。ホクロ一個につき一回
の施術で5、000円のところもあれば、ホクロの大きさや形状によって金額を決めている病院もあり
ます。通常、大きかったり、分厚い分、金額があがります。詳しい詳細は、病院のカウンセリングで、実
際のホクロを見せて、確認する必要があるでしょう。

コメントはまだありません

ホクロのレーザー除去

2015年7月4日

ホクロ除去で一般的な方法で、「 レーザー除去 」を行いますが、美容整形で行っているレーザー
除去手術というのは、炭酸ガスレーザーと呼ばれるもので除去します。炭酸ガスレーザーが、細胞の
中の水分に反応して、蒸発させるという仕組みでホクロを除去します。シミなどをとる場合も、レーザ
ー手術を行いますが、シミなどの場合は、Qスイッチレーザーと呼ばれるものを使っているので、一見
同じようなものでも、手術方法は違います。しかし、よりきれいに仕上げるために、炭酸ガスレーザー
で、ホクロを除去し、Qスイッチレーザーで、さらに色素細胞を破壊することで、皮膚奥まで根付いた
ホクロも、傷跡が残らないように治療することができることから、手術を受ける病院によって、二つの
レーザーを併用する場合もあるでしょう。また、最近では、「 電気分解法 」 といって、電気メスに
よってほくろを除去させる方法もあります。電気分解法は、出血させずに治療することができるので
、とても肌に負担が少なく、傷跡にもなりにくい方法といえます。また、大きなホクロや立体的なホク
ロの場合は、メスを使って切除し、そのご縫合させるといった、原始的な方法をとることもあります。
自分がレーザー除去や電気分解法を希望しても、ホクロの形状によっては、希望がそぐわないことも
あります。どのような方法をとっているのかは、直接病院に聞いてみたり、ホームページで調べてお
くことが必要です。

コメントはまだありません