エイジングケア化粧品でほうれい線・たるみ・しわ対策

Just another WordPress site

ビタミンと言う成分は体調を整えるために必要な栄養素です。

2014年4月7日

もちろん目にも影響するビタミンもあります。
最もよく知られているのが《夜盲症》でしょう。
《夜盲症》と言うのは俗に鳥目のことで暗部の視力が著しく衰え、目がよく見えなくなる病気です。
《夜盲症》はビタミンA不足は暗部の視力低下につながる事になります。
ビタミンAを多く含む食品には、うなぎ、レバー、たまごやチーズなどがあります。このような食材は動物性食品になります。このビタミンAは脂溶性ビタミンですから摂り過ぎは問題です。ビタミンAは摂りすると、頭痛や肝機能障害、吐き気や下痢といった身体の不調を生じます。妊娠初期の摂り過ぎは胎児が奇形を持って生まれる可能性があるということで気を付けなければなりません。
そこで緑黄色野菜。ニンジンやほうれん草、ブロッコリーなどのような仲間でしっかり色のある野菜を緑黄色野菜といいます。この緑黄色野菜には
ベータカロチンが多く含まれています。このベータ―カロチンは体内に摂取されると、ビタミンAに変化するという性質を持っています。
この、ベータカロチンは体内に必要以上に蓄積されることがありませんか安心です。

 

コメントはまだありません

「VDT症候群」と言う病気をご存知ですか。

2014年3月12日

VDT症候群の、VDT と言うのはコンピュータのディスプレイなど表示機器を総称して呼ばれます。この、VDT を使用した作業を長時間続けたことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことが「VDT症候群」です。
毎日毎日パソコンに向かっていれば気づかないうちに発症することもあります。
主な症状としては、
・視界がぼやけてくる
・涙が出ない
・ドライアイ
・目の充血
・首や肩、背中のこり
・足や腰が痛い
などの目に留まらず体にも症状として現れることがあります。

中には頭痛やめまい、食欲不振を訴える方もいます。
VDT症候群を予防するためには、目を酷使することを避けることが一番です。まずは目にとって優しい環境づくりをしましょう。
そこで目の乾きやドライアイになるのを軽減出来るように《下を向くような視線でモニターを見ることができるように角度を調整しましょう》

モニターから出てくる光の強さ(輝度)、外側からの光の強(照度)を調節しましょう。》
「目安」輝度…『文字がメインの作業』…100~150カンデラくらい、『写真や動画加工』…少し明るめの200~300カンデラ
《姿勢に注意しましょう》
前屈みになったり、猫背になったりしないようにし足の裏全体が、床に接するような姿勢を心がけましょう。


《適宜休憩をはさみ、疲れを解消しながら作業をしましょう》

参考・・・VDT症候群の症状

コメントはまだありません

ツボ押し

2014年3月10日

目の疲れの対処法としての「ツボ押し」を紹介しましょう。
ちょっと目が疲れたときにどこでもできますからツボを覚えておきましょう。
《攅竹(さんちく)》~眉頭にあるツボ=目元のマッサージの起点とも言える場所。
・効果:目のむくみや、頭痛、眼精疲労など
・疲れ目で頭が痛くなるという方に特におすすめ・
・ツボの押し方…a:親指を眉に当てて、かぶせるようにし、下から上へと、眉頭を指で持ち上げるようにツボを押す。
b:眉頭に両方の人差し指を置き、下から上へ軽くおしあげる。
C:aとb、両方、行なう
《糸竹空(しちくくう)》~
眉山より少しだけ外側のくぼみ
・効果:
眼精疲労や偏頭痛、目元のシワや、たるみ
・女性の方には是非、刺激してもらいたいツボ
・ツボの押し方…
両手の親指を当てて、押したり動かしたり、ぐりぐりする
《四白(しはく)》~目をあけた状態で、ちょうど、黒目の下にあるツボで人差し指と中指を、横にして置き
ちょうど、その下の指が当たっている場所
・効果:クマの改善や、むくみ、眼精疲労
・押し方:《四白》を垂直にす。

・注意:
下に押してしまうと、皮膚がたるむ原因となります!!

晴明(せいめい)》~鼻の付け根の両側にあるツボ
・押し方:人差し指と親指で、鼻の付け根の両側をつまむようにして、下から上へ、持ち上げるように力を入れる
・効果:疲れ目、目元の血流の改善

コメントはまだありません

目元にクリームを塗るときのポイントを紹介しましょう。

2014年3月9日

まず塗り方は、目頭から目尻へ塗ります。目頭から目尻へがポイントです。この方向で塗ることで、目元エステのマッサージもできます。
目頭から目尻まで、一気に流すようにクリームを塗ります。注意することは目頭から目尻へです。往復させてはいけません。
一方方向にすることがポイントです。
また擦ってはいけません。
何度も言いますが「
優しいタッチ」です。
クリームをもっと馴染ませたいときは、トントントンと軽く叩く程度にしましょう。
ではクマが出来てしまった時は如何しましょうか。クマができた目元と言うのは何ともみすぼらしい印象を受けるものです。この目の下のクマの原因とされるのが、徹夜明け、寝不足などです。ケアも大事ですが
十分な睡眠を取ることは重要なポイントです。また目の下のクマと、血行不良も大きな関係があります。
マッサージが目の下のクマを改善できる方法です。
ホットタオルなどで目の部分を温めてあげましょう。
もちろん目元エステなどに行くことも効果的です。
また目の下のクマの原因に
加齢もあります。この場合は黒いクマになります。
これは、皮膚が垂れることやむくみなどが原因のようです。
たるみやくすみを改善しましょう。
またが、色素沈着が原因ですと茶色いクマもあります。この場合は美白ケアが有効です。
原因や症状はどうであれ悪化しないように日々のケアがものを言います。
簡単なクマの解消方法を紹介しましょう。
マッサージが面倒という方におすすめです。
お風呂でスプーンを使ってケアします。①
冷たい氷入りのコップと大き目のスプーンを準備しましょう。②
スプーンをお風呂のお湯で温め、目の周囲に当てます。
③①の
氷入りのコップの中にスプーンを入れてスプーンを冷やしそれを目の周囲に当てます。
④これを入浴中に繰り返して行ないましょう。
目元の血行がよくなりますからクマが改善されます。

オールインワンタイプの化粧品も最近では人気です。使っている女性も多いようですね。

 

コメントはまだありません

マッサージも体まで行います。

2014年3月7日

目元エステと言うと目元だけ廼施術と思われるかもしれませんが目の疲れと言うのは肩こり・頭痛と体全体に不調を感じるものです。
ですからマッサージも体まで行います。
マッサージは手のひらなどを使って、リンパの流れに沿って行いましょう。
リンパ説のポイントとなるのが「わきの下」です。ワキの下には、大きなリンパ節があります。ここを、指を入れて揉み解しましょう。詰まっていれば特に痛みを感じることでしょう。しかしこの痛みはリンパの流れて来ているのです。リンパ節がほぐれてきていると認識しましょう。つまり老廃物が流れていることになります。
不思議とこうすることで顔のむくみが取れてきます。

目元エステやケアと、リンパマッサージを頑張りましょう。
結果、目の下のクマは消え、小顔効果もあります。
目の下のマッサージは注意しなければならないことがあります。目の下のリンパは血管よりもずっと細いものです。「優しく、優しく」がポイントです。
また温めて行うことも効果をUPします。ホットタオルなどで目元を温めてあげましょう。

コメントはまだありません

ブルーベリーが目の疲れに良い

ブルーベリーが目の疲れに良いと言うの暗黙の了解の様に誰もが知っていることです。
ではブルーベリーにはどんな成分が入っていてどんな効果があるのでしょうか。又ブルーベリーのほかにも目によいものがあるのでしょうか。
基本ベリー類、ブルーベリーやビルベリーやカシスなどが目によい成分になります。その中に含まれる「アントシアニン」が目によい成分です。

「アントシアニン」は濃い紫色をしています。この色素が、目に効く成分「アントシアニン」は、体内に吸収された後、目がものを見るために必要な成分「ロドプシン」を生成するサポートをします。この
ロドプシンが出来ることでものが見えやすくなり、疲れにくくなるのです。この元であるアントシアニンが眼によいと言う事になります。
このアントシアニンの魅力は、即効性が高いということです。アントシアニンを摂った後、数時間でその効果が現れくるのです。残念なことに失われるのも早いく24時間後には効果が失われます。
効果を期待するには定期的に摂取することです。

コメントはまだありません